ハロー 今 君に素晴らしい世界が見えますか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hold me tight
映画のレビュー書いてたら投降が3つも!珍しいことです。

2月は暇になるなーとか思ってたら、けっこうスケジュールきつきつです・・・。
4月から秋田はなれる友だちと遊んだり、旅行のための資金集め(お仕事)とか・・・。
卒論の修正があまり進んでいません;気合入れたいところがまるまる一章分なので、取り掛かり早くしないと。

学習ボランティアというのを2年程前から続けてきたんですが、1年間担当したクラスで、先日、お別れ会をしてきました。
2年生のクラスでした。初めは「低学年か・・」という感じであまり乗り気ではありませんでした。
そのころはあまり、小さいお子様には慣れていなかったんです;
でも、ずっと接していくうちに低学年の良さがすごく分かってきて、今ではかえって低学年の子のほうが接しやすいというかw
んで、お別れ会でクラスの子からプレゼントの文集(私への寄せ書き)もらってきました。
見てみると、
>先生はずっとわたしのともだちだよ
>なかなか名前をおぼえられなくてごめんね
というレスがwwwwwwwwwwwちょ、  友  だ  ち  か  よwwwwwwwww
((大学生でも先生として接しなければならないので、子どもから友だちとして見られてはいけないのです^^;

でも、嬉しかったです。本当に。
特にね、なかなか感情表現と関係づくりが下手で、心配していた子どもから「友だちだよ!」と書かれて、ピンクのハートがいっぱい書いてもらったのを見たら、ものすごくジーンときましたね。
スポンサーサイト
【スプラッタ注意】神の左手悪魔の右手【監督は金子修介】
原作が楳図かずおのグロマンガです。
想くん(主役の男の子)目当てにワクテカしながら見たら、実写映画は渋谷飛鳥(姉役)が主役なのね・・・悔しい・・・・
もうね、想くん本当に可愛い子使ってるのに、冒頭シーンで大怪我したせいでほとんど「ウーンウーン」って唸って寝てるだけなの!
マンガみたいにもっと「ギャアー!」ってびびって欲しかったです。。。
でもお姉ちゃんとお風呂に入ってるシーンは萌えたw
私も想くんとお風呂一緒に入って髪を洗ってあげたいですv((ショタかよ

この映画は原作の「黒い絵本」を使ってます。
お父さんと歩けない娘が二人で住んでいて、お父さんが娘のために絵本を描くんですが、その内容をつくるために人を次々と殺しちゃうのです。
あ、ちなみに想くんは夢の中で不思議体験をする子どもで、夢の中で殺された人になったりして事件に関わっていくのです。
かっこいいタイトル「神の左手悪魔の右手」の意味は、ちゃんとラストで出てくるので是非ご覧あれ。

んで、そのヤバイお父さんなんですが、演じてた田口トモロヲの演技がすごいです!
原作の父親の豹変ぷりが見事再現されてますけど!トモロヲKOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE(゜∀゜)
映画では本当の父子ではないようなことを思わせる描写がありました。
私は原作を読んだときから、父と娘の関係に疑問を持っていたんですけど(ロリコンが娘を誘拐・監禁してきたとか)、それが描かれていてすっきりしました。

ええとね、これね、首が飛んだり(まんまマネキンだけどw)とか本当にグロいので血がだめな人にはおススメできません。((けど原作のほうがよっぽど描写酷いのよ
けど特典映像に楳図さんのワンマンライヴwwwwwwwwwwwwwがあるので、ウメジストには涎がでるほどの作品です。
作品中にも出てるしw
【浅野】乱歩地獄【忠信】
オムニバス形式。
江戸川乱歩の「鏡地獄」と「芋虫」が実写になるから発禁ぎりぎりなんじゃ・・?とか思ってたら、その2作品はちょっとがっかりでした。
ストーリーが改変になってたり(鏡地獄で一番見たかったところがほんの数十秒)、芋虫には絡ませなくていい人絡ませてたり、、、。
原作を生半可にかじってたせいで、そこが気になって素直に楽しめませんでした;
あと、長髪の明智小五郎なんて嫌ああああああああああああああ!!!!

一番面白かったのは「蟲」です。グロ注意ですが。
メンヘルな主人公・柾木愛蔵(浅野忠信)が片思いの女優?(緒川たまき様)を殺しちゃって、、、という話です。
これの見所は浅野のブリーフ姿です!ブリーフ!!ハフハフ!!!((変態デスネ
最初の「火星のー」でも全裸になったりしてましたが、浅野足長いよ!・・・と、ときめいてしまいました☆
で、この「蟲」ですが、キーワードは「腐」と「廃」とか云ってみます。

素直に楽しめないとか文句言っちゃいましたが、乱歩地獄はとにかく、映像と演出がどれも秀逸だと思います!
うつつからトリップしたくなったら是非おススメします。
昔見た「白痴」にもなにかしら似たものを感じました。白痴懐かしいなー。もっかい借りに行こうかな。
Copyright © 2005 日々是ボヤッキー。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。